救急も機能分化を、重症者が本来の医療受けられるよう軽中度患者は「慢性期多機能病院」が担う

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)新規感染者数が1日10万人を超えることがあり、重症者数や救急搬送件数も増え、医療現場の負荷は段々限界に近付いている。ましてこの時期は、感染症だけでなく脳卒中や心筋梗塞などによる …

救急も機能分化を、重症者が本来の医療受けられるよう軽中度患者は「慢性期多機能病院」が担う もっと読む »

医師射殺事件で「在宅医療」巡る喫緊の課題が浮き彫りに

埼玉県ふじみ野市で起きた、立てこもりおよび人質医師の殺害事件では、容疑者の男(66歳)が、自宅介護の母親に対する診療方針を巡り、一方的に不満を募らせていたとみられている。在宅医療の現場では、患者や家族からの暴力事件が相次 …

医師射殺事件で「在宅医療」巡る喫緊の課題が浮き彫りに もっと読む »

恣意的な数字が見え隠れする「医療経済実態調査」の実態

2022年度の診療報酬改定率は、本体がわずかながらプラスとなったものの、医療界はモヤモヤが解消していないようだ。診療報酬改定の基礎資料となる医療経済実態調査(実調)に対し、医療機関の経営実態を反映していないのではと疑問視 …

恣意的な数字が見え隠れする「医療経済実態調査」の実態 もっと読む »

「看護・介護職員の給与引き上げ」策が新たな格差を引き起こす皮肉

 岸田政権が掲げる「コロナ克服・新時代開拓のための経済対策」を受け、看護職員や介護職員の処遇改善のため、2月から給与額が引き上げられる。ただ、対象施設が限定されていたり他職種とのバランスも考えたりしなければならないため、 …

「看護・介護職員の給与引き上げ」策が新たな格差を引き起こす皮肉 もっと読む »

米軍基地由来のコロナ感染拡大で露呈した「科学的合理的な感染対策」の不在

 米軍基地内のクラスターとオミクロン株の感染急拡大により、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は第6波の様相を呈してきた。沖縄、山口、広島の3県には1月9日から「まん延防止等重点措置」が適用された。特に沖縄県は2 …

米軍基地由来のコロナ感染拡大で露呈した「科学的合理的な感染対策」の不在 もっと読む »

新型コロナ「検査体制弱体化」招きかねない検査費大幅引き下げ

 年末年始の帰省ラッシュや新年会などで新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染拡大が懸念される中、政府は12月17日、「予防・検査・早期治療」の3本柱による包括強化策を発表した。検査の体制強化に関しては、各都道府 …

新型コロナ「検査体制弱体化」招きかねない検査費大幅引き下げ もっと読む »