「霊長類うつ病モデル」を世界で初開発

東北大学は8月4日、ニホンザルを用い、脳活動の操作によって、霊長類に人工的にうつ病を発症させることに、世界に先駆けて成功したと発表した。うつ病の予防や治療法、新薬候補の評価モデルとして注目されている。同大大学院生命科学研 …

「霊長類うつ病モデル」を世界で初開発 もっと読む »

「アマゾン薬局」処方薬ネット販売の真の狙い

米ネット通販大手、アマゾン・ドット・コムが日本で処方薬のネット販売への参入を検討していると、日本経済新聞9月6日付の記事で報じられた。報道によると、アマゾンは中小薬局と組んで、患者がオンラインで服薬指導を受ける新たなプラ …

「アマゾン薬局」処方薬ネット販売の真の狙い もっと読む »

「オンライン資格確認」原則義務化を巡り、賛否分かれる医療界

8月10日に開かれた中央社会保険医療協議会(中医協)で、オンライン資格確認の導入が原則義務化される方針案が了承され、加藤勝信・厚生労働大臣に答申されたが、医療界では賛否が分かれている。 厚労省と三師会(日本医師会、日本歯 …

「オンライン資格確認」原則義務化を巡り、賛否分かれる医療界 もっと読む »

夏休み明けは注意、こどもの「からだの不調」と「抑うつ症状」

夏休み明けは、心身の不調をきたしやすい時期と言われる。国立成育医療研究センターが2021年12月に行った調査では、小学5年生から中学3年生のこどもの20~30%が頭痛や腹痛など何らかのからだの不調を日常的に自覚しているこ …

夏休み明けは注意、こどもの「からだの不調」と「抑うつ症状」 もっと読む »

日歯要望書から見えてきた「国民皆歯科健診」の具体策

「全国民に毎年の歯科健診を義務づける」ものとして報道され、賛否両論を巻き起こした「国民皆歯科健診」。政府が5月に公表した『経済財政運営と改革の基本方針』(骨太の方針)の原案に「国民皆歯科健診の具体的な検討」という一文が盛 …

日歯要望書から見えてきた「国民皆歯科健診」の具体策 もっと読む »

新型コロナ第7波における医療現場の「実情」

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の第7波は、医療の現場にどのような影響を及ぼしているのだろうか。大阪府保険医協会が8月5日に公表した緊急アンケートによると、通常診療への影響や発熱外来の逼迫が明らかになった。 …

新型コロナ第7波における医療現場の「実情」 もっと読む »

急性期と慢性期をシームレスにする「総合診療医」の役割

日本慢性期医療協会(日慢協)は6月30日に通常総会を開き、副会長の橋本康子氏(医療法人社団和風会〈香川県三豊市〉理事長)を新会長に選出した。医療団体では初の女性会長になるという。14年間会長を務めた武久洋三氏(平成医療福 …

急性期と慢性期をシームレスにする「総合診療医」の役割 もっと読む »

女子医大八千代医療センター「医師流出」で地域医療に危機

千葉県八千代市の地域医療を担ってきた東京女子医科大学八千代医療センター。市の誘致で開院した市民病院的な医療機関で、市はこれまで100億円超の資金を投入してきた。それにもかかわらず、人員削減や低賃金などにより医師やスタッフ …

女子医大八千代医療センター「医師流出」で地域医療に危機 もっと読む »