NEWS

コロナ治療薬の普及阻む国管理の「流通制限」

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の経口治療薬、「ゾコーバ錠125㎎」(一般名:エンシトレルビル フマル酸)が「緊急承認」された。加藤勝信・厚生労働相は「国内企業が創製した初の経口薬で、使用対象者はこれまでの経 …

コロナ治療薬の普及阻む国管理の「流通制限」 もっと読む »

厚労省所管独法の病院に「コロナ空床補償」22億円の過大交付

新型コロナウイルス感染症患者を受け入れる医療機関に支払った国庫補助金「病床確保料(空床補償)」について、約55億円の過大な交付があったことが会計検査院の報告書から明らかになった。9都道府県の32医療機関の合計額で、中には …

厚労省所管独法の病院に「コロナ空床補償」22億円の過大交付 もっと読む »

日医報告書で浮上した「かかりつけ医」巡る課題㊦

日本医師会(日医)は11月2日の定例記者会見で、かかりつけ医に関する日医の考えをまとめた報告書を公表した。その中で、2016年から実施している「日医かかりつけ医機能研修制度」では今年10月現在、延べ約5万6,000人の医 …

日医報告書で浮上した「かかりつけ医」巡る課題㊦ もっと読む »

日医報告書で浮上した「かかりつけ医」巡る課題㊤

「かかりつけ医」に関する議論が進む中、日本医師会(日医)や日本病院会(日病)がかかりつけ医に関する報告書や提言を相次いで公表した。かかりつけ医に関する最近の動向を振り返り、課題を探ってみた。 かかりつけ医はコロナ禍により …

日医報告書で浮上した「かかりつけ医」巡る課題㊤ もっと読む »

「梅毒患者急増」の一因にマッチングアプリでの出会い

性感染症の梅毒の患者数が急増している。現在の調査方法で統計を取り始めてから、今年の感染者数は過去最多の1万人を超えた。なぜ梅毒の感染が急拡大しているのか。主な原因として、新型コロナ禍で男女の出会いの場が変わり、マッチング …

「梅毒患者急増」の一因にマッチングアプリでの出会い もっと読む »

新型コロナ第8波につながる「新しい変異株」

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の新しい変異株が世界各地で出現しており、日本でも感染者が確認されている。ウイルスが活性化しやすい冬が到来した上、入国規制の緩和や円安により外国人観光客が増加し、新たな変異株が時 …

新型コロナ第8波につながる「新しい変異株」 もっと読む »

高齢者「オーラルフレイル」で死亡リスク倍増

糖尿病や歯周病との関連など、口腔の健康が全身の健康に大きく関与することが、近年様々な研究で明らかになっている。口腔の健康状態の改善が、フレイル対策に重要であることもわかってきた。 フレイルとは「加齢とともに心身の活力が低 …

高齢者「オーラルフレイル」で死亡リスク倍増 もっと読む »

新型コロナ感染者「全数把握」簡略化の問題点

新型コロナウイルス感染者の全数把握の簡略化が9月26日から導入された。65歳以上の高齢者、重症化リスクのある人、妊婦以外の若年者や軽症者は自己管理が基本となっている。 感染者が増える状況では原則入院が困難になり、医療現場 …

新型コロナ感染者「全数把握」簡略化の問題点 もっと読む »

自殺対策の基礎資料になる「自殺の地域差」を可視化

九州大学などの研究グループは、自殺対策の基礎資料となる自殺の地域格差を可視化した。政策単位(市町村、二次医療圏、都道府県)間の見え方の違いを検証し、都道府県単位のみで評価すると見落としかねない自殺の多い/少ない地域を明ら …

自殺対策の基礎資料になる「自殺の地域差」を可視化 もっと読む »